<< ヤマト・異形篇手塚治虫 | main | ファミリア 【デニム ダンガリー】キャスキッドソンキャスキッドソン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2008.06.23 Monday | - | - |

(住民税)久しぶりに治療院の片付け『所得税』[所得税]住宅ローン

06月02日の欧州・ロンドン外国為替 2008年6月 3日 管理人 | 個別ページ 【欧州前場概況--円買い優勢】 欧州株が英・住宅ローン大手が業績悪化との報道を受けて、軒並み下落したことでリスク回避の円買いが優勢。

それか メリルリンチ、モルガ ン・スタンレー)の格付けを引き下げ、英住宅金融大手ブラッドフォード・アンド・ ビングレーが英住宅ローン市場の状況を警告したことで、世界的な信用問題を巡る 懸念が再燃し、米国株式市場は下落、円の買い戻しに繋がっている。

だから NYダウは、寄り付き前に欧州市場でブラッドフォード&ピングレー(住宅金融)が住宅ローンの焦げ付きから大幅減益、米国でもワコビア(銀行) のCEO の更迭、ワシントン・ミューチュアル(銀行)もCEO の会長職辞任を発表するなど金融セクターを中心に売り先行で 上がる、上がると言われてきた住宅ローン金利が、とうとう本格的に上昇してきましたね。

3年固定0.9%、35年固定2.2%というような金利も、今となっては昔のことになりつつあります。

住宅ローン 低金利ごときでがたがた言うのは止めにして・・・また また、米低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題による金融市場の混乱などを挙げて、「不確実性を考慮に入れた慎重な行動を取ることが望ましい」と指摘。

さらに「中央銀行が金融システムの問題に深く関与する必要性が改めて確認された」と述べ

| - | 2008.06.03 Tuesday | - | - |

スポンサーサイト

| - | 2008.06.23 Monday | - | - |